よくあるご質問

Q&A

お酒についてのよくある質問をまとめました。

「大吟醸」「吟醸」とはなんですか?

日本酒は原料米の精米歩合(お米を削った割合)や原材料によって次のような特定名称に分類されます。
特定名称 精米歩合 醸造アルコール 品質表示基準
大吟醸酒 50%以下 あり 精米歩合50%以下の白米、米麹、水、醸造アルコールを原料とし、吟味して製造し、固有の香味及び色沢が特に良好なもの。アルコール添加量は白米総重量の10%以下。
吟醸酒 60%以下 あり 精米歩合60%以下の白米、米麹、水、醸造アルコールを原料とし、吟味して製造し、固有の香味及び色沢が特に良好なもの。アルコール添加量は白米総重量の10%以下。
純米大吟醸酒 50%以下 なし 精米歩合50%以下の白米、米麹、水を原料とし、吟味して製造し、固有の香味及び色沢が特に良好なもの。
純米吟醸酒 60%以下 なし 精米歩合60%以下の白米、米麹、水を原料とし、吟味して製造し、固有の香味及び色沢が特に良好なもの。
純米酒 規定なし なし 白米、米麹、水を原料とし、吟味して製造し、固有の香味及び色沢が良好なもの。
本醸造酒 70%以下 あり 精米歩合70%以下の白米、米麹、水、醸造アルコールを原料とし、吟味して製造し、固有の香味及び色沢が良好なもの。アルコール添加量は白米総重量の10%以下。

「生酒(なまざけ)」とはなんですか?

生酒とは、製造からお店に並ぶまで一切加熱処理(火入れ)を行ってない日本酒のことです。
お酒の中の菌(酵母)が生きていると運搬時や保管時に腐敗しやすくなるため、多くのお酒は加熱処理(火入れ)を行って殺菌をしますが、生酒の場合はそれを一切しない状態で出荷します。
 
加熱処理をしていない
「生酒(なまざけ)」はフルーティーな香りを楽しむことが出来ますが、とてもデリケートです。
スーパーや量販店での取り扱いが難しいため、地元の酒屋さんでの取り扱いがほとんどです。

購入後は必ず冷蔵庫で保管し、開封したら早めに飲みきってしまいましょう。

お酒の保存方法を教えて下さい。

焼酎は常温にて保存可能です。開封後も同様です。日本酒は常温でも保存可能ですが、冷蔵庫または冷暗所での保存をおすすめいたします。
ラベルに「要冷蔵」とあるものは冷蔵庫に入れて保存してください。

焼酎の「乙類」と「甲類」とはなんですか?

焼酎のつくり方による呼び方です
「乙類焼酎」と「甲類焼酎」に分けられます。

【乙類焼酎】
単式蒸留機で蒸留されたアルコール度数45度以下のものをさします。
「旧式焼酎」とも呼ばれ、昔ながらの製法です。

【乙類焼酎】
連続式蒸留機で蒸留され、アルコール度数36度未満のものをさします。
蒸留を繰り返すと、アルコール度数は96度ほどまで上がりますが、これを行うのが連続式蒸留機で、そこで出来た純度の高いアルコールを水で36度未満まで薄めたものが「甲類焼酎」です。

焼酎の生産量を表す単位、「石」って何ですか?

「石」という単位は、1.8L瓶換算で100本のこと。焼酎業界では、この単位で生産量を明記します。

開栓した焼酎はどのくらいもちますか?

焼酎はウイスキー等と同じ蒸留酒です。
蒸留酒は、たとえ開栓しても基本的に何年でも持つ酒です。口に含んでみて、味や香りなどに問題がなければ大丈夫です。

ページトップへ戻る